Chronocoin(クロノコイン)登録から購入まで解説:カルダノ佐々木健二氏参加で注目!

クロノコインを保有するメリット

Timecoin・Timepointは上場を控え、既に上場されているTimicoin(TMC)(CoinMarketCap)との混同を避ける為Chronocoin・Chronopointに名称変更し、マイクロソフトに表彰されたBeacon技術を利用したビジネスモデルの特許を出願しました(名称変更に伴いサイトURLも変更を行い、随時変更していきます)。 ※以前のtimecoin-jp.comにアクセスされてもリダイレクトされますので、よろしくお願いいたします。

タイムコインが高騰する仕組みを詳しく解説

 

タイムコインは、初期の販売からよく考えた流通経路で販売されています。

 

通常、新規公開する仮想通貨は、ICOを行い不特定多数の方にクラウドセールにて販売されます。

 

ところが、このような販売方法で購入される方の殆どが、仮想通貨のプロジェクトの良し悪しではなく価格の高騰を見込んでの参加となります。

 

ですので、純粋にプロジェクトを応援する為に購入するのではありません。

 

取引所に上場される頃には、プロジェクトコインが欲しいと思われる方の殆どが購入済みとなり、上場されても購入希望者は不足し、売り圧力が強くなり暴落することになる可能性が高くなります。

 

現に現在行われているプロジェクトコインの99%以上が同じように暴落しているのが現状です。

 

ところが、このような現状を把握しているタイムコインは、クラウドセールは行わず、タイムポイントを発行する企業や長期保有を行う大口投資家を中心に資金調達してきました。

 

当然タイムコインを発行する企業は、TimeInnovationのタイムポイント事業の拡大を信じて保有するわけですし、保有コインの配当が貰えるよう事業にも関わります。

 

となれば、取引所に上場されても、売却するコイン数は限定され、価格の安定・高騰迄見込めるものとなります。

 

2019年3月から行われるIEOでは、一般投資家もタイムコインを手に入れる事が可能となりますが、タイムコインを保有するメリットをお分かりになっている購入者は、配当目当てで保有し続けることとなるでしょう。

 

このカテゴリーでは、タイムコインを保有するメリットを詳しく解説します。

クロノコインを保有するメリット記事一覧

TimeInnovationが今回作成するトークンは「Chronocoin(クロノコイン)」という名称で販売します。・ティッカー名:CRN・総発行枚数:5,680,000,000枚トークンの開発に当たり、資金調達・配布に関しては、ヒューマンエラーを減らし簡潔に完了する為にEthereumChain(ERC20プラットフォーム)を使用しています。※開発完了次第メインネット移行を想定しており、NEOの...

クロノコインの保有で不労所得!クロノコインが暴落していることで「TimeInnovationの事業が破綻するのではないか?」と心配されている方も多いようです。ですが、仮想通貨(暗号資産)とは世界で使われる通貨であり、クロノコインの事業であるクロノポイントは、現在では日本で展開されているにすぎませんですので「クロノコインの価格が事業にそのまま反映するわけではない」と言う事です。クロノコイン保有者は、...

クロノコイン60倍の高騰から大暴落クロノコインは上場後60倍以上の高騰となり注目されました、ところがクロノコインはICOでの販売時にロック期限が設定されておりロック解除まで現金化できませんでした。ロックが解除されると共に暴落し「あぁ!やっぱりまた詐欺か?」と思われた方も多いでしょう。これを「チャンスととらえるか?」「騙された」と考えるか?は、人それぞれだと思います。ブロックチェーン事業とて事業なの...

クロノコインの購入方法はこちらで詳しく解説しています。

Timeinnovation,ChronoCoin.ChronoPoint

ChronoPoint 販売代理店募集中

全国にてChronoPoint(クロノポイント)の販売代理店を募集しております。
販売手数料:要相談
詳細については、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
トップへ戻る