Horos(ホロス)カザフスタン”スマートシティ”導入へクロノコインと共に!

Horosカザフスタン導入へ-2

Timecoin・Timepointは上場を控え、既に上場されているTimicoin(TMC)(CoinMarketCap)との混同を避ける為Chronocoin・Chronopointに名称変更し、マイクロソフトに表彰されたBeacon技術を利用したビジネスモデルの特許を出願しました(名称変更に伴いサイトURLも変更を行い、随時変更していきます)。 ※以前のtimecoin-jp.comにアクセスされてもリダイレクトされますので、よろしくお願いいたします。

カザフスタン”スマートシティ”への導入へ向けて!

 

Horosの進捗について

 

2020年3月20日現在「Horos」を活用した「ヌルスルタン2.0」の構築に向け活動を進めております。

 

Horosカザフスタン導入へ-2

 

※ヌルスルタン(カザフスタン首都)

 

なぜHorosなのか?

 

スマートシティを構築するには、多くのデバイスから送られる多量のデータをリアルタイムでかつ信頼性を持って処理する必要があります。

 

その為にはデータの信頼性を担保する為のブロックチェーン、および分散処理を?う為の多くのノードによる正しく分散処理されたP2Pネットワークが最適となります。

 

現時点でこの2つの要素を正しく解決するのはHorosのシステムのみとなります。

 

国家プロジェクトの為、安全性を重視はもちろん、カザフスタン側も早期運用開始を目指している為、最短での運用できるよう引き続き活動致します。

 

カザフスタン出身のメンバー

 

カザフスタンの政府関係者と言われても「実際に本当なのか?」調べることもできないでしょうし、仮想通貨のICOに関わったことがある方なら「信用できない」と考えられる方も多いのではないでしょうか?

 

当サイトの公式LINEメンバーの中には、カザフスタンの政府関連の仕事をされている方が見えます。

 

Horosカザフスタン導入へ-2

 

この画像を確認して頂き、本当の政府関係者だと言う事を確認して頂きました。

 

Horosカザフスタン導入へ-2

 

海外(国内を含め)のブロックチェーン企業が様々な分野のプロジェクトでICOを行ってきましたが、90%以上が事業を進行していません。

 

そんな中TimeInnovationは着実に事業を進め、クロノコインも2020年6月から失効クロノポイントの配布が始まります。

 

実際に一度配布(株式配当のような配当)を受けることで、保有価値が高まりクロノコインの価格高騰に繋がります。

 

Horos(ホロス)に関しては、プラットホームトークン(ETH・NEO・EOSなど)の中で最高のパフォーマンスを提供していることで注目され、実用されていくものと思われます。

 

Horos(ホロス)保有者の方は是非楽しみにしてください。

クロノコインの購入方法はこちらで詳しく解説しています。

Timeinnovation,ChronoCoin.ChronoPoint

ChronoPoint 販売代理店募集中

全国にてChronoPoint(クロノポイント)の販売代理店を募集しております。
販売手数料:要相談
詳細については、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
トップへ戻る