クロノコインGMOデジタルラボと提携|世界初AI&ブロックチェーンポイント発行

GMOデジタルラボと提携

Timecoin・Timepointは上場を控え、既に上場されているTimicoin(TMC)(CoinMarketCap)との混同を避ける為Chronocoin・Chronopointに名称変更し、マイクロソフトに表彰されたBeacon技術を利用したビジネスモデルの特許を出願しました(名称変更に伴いサイトURLも変更を行い、随時変更していきます)。 ※以前のtimecoin-jp.comにアクセスされてもリダイレクトされますので、よろしくお願いいたします。

〜 特許出願:新たなポイントシステムが遂に日本へ 〜

 

ポイントマーケット株式会社 GMOデジタルラボ株式会社と代理店契約を締結!

 

GMOデジタルラボと提携

 

実質、TimeInnovationGMOデジタルラボ株式会社と業務提携した形となります。

 

日本において、TimeInnovation(クロノコイン)ソリューションの窓口であるポイントマーケット株式会社GMOデジタルラボ株式会社と提携。

 

詳細につきましては下記URLよりご確認くださいませ。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000044294.html

 

1.業務提携について

 

TimeInnovation:ChronoPoint(クロノポイント)の日本における独占販売契約をポイントマーケット株式会社と締結!!

 

ポイントマーケット株式会社は、2019年4月11日にデジタルマーケティング事業などを手掛ける、GMOデジタルラボ株式会社と代理店契約を締結致しています。

 

今回の提携で、様々なポイントシステムやアプリケーションを販売するポイントマーケット株式会社は、「GMOおみせアプリ」を提供する、GMOデジタルラボ株式会社:店舗専用集客支援型アプリの取り扱いが可能となります。

 

GMOおみせアプリ」は、TimeInnovation:クロノポイントと同様の考えの元に開発されており、既に飲食店や美容室など様々な店舗の課題を改善することに成功しています。

 

課題の改善には、リピーターの獲得&新規顧客の獲得などがあり、1つのサービス提案だけではなく、店舗毎のニーズにあったサービスを提示。

 

GMOおみせアプリ」の特性は再来店を促すことに特化したアプリケーションで、TimeInnovation:クロノポイントの再来店を促す為にポイントを発行するサービスは、GMOデジタルラボ株式会社にとっても願っても無い提携となります。

 

また「GMOおみせアプリ」を導入している企業が、既に2,000以上に上るため、ポイントマーケット社は加盟店に対し、更に幅広いサービスの提案が可能となります。

 

ポイントマーケット株式会社GMOデジタルラボ株式会社が業務提携したことで、TimeInnovation:クロノポイントの販路の拡大やBDの蓄積、TimeInnovation:クロノポイントの交換先のバリエーションの増加、ユーザーの獲得等、大いに期待ができます。

 

2.ポイントマーケット株式会社とは?

 

ポイントマーケット株式会社 : 代表取締役(CEO):高福 俊明

 

高福 俊明は、大学を卒業後、全国に展開する株式会社セラ・ルージュ(日本国内のほぼ全ての百貨店に取引口座を持つ)に入社。

 

既存の百貨店だけでなく、AIを駆使したスーパーやファストフード店への数多くの流通マーケットを構築し、総責任者として取締役を歴任。

 

その確かなIT技術の経験と飲食業界におけるワイドなネットワークを生かし、ポイントマーケット株式会社を設立、 代表取締役(CEO)に就任。

 

商号

ポイントマーケット株式会社

設立

2019年1月
従業員数 20名 ※役員も含む
住所

〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3丁目7番27号NLC心斎橋ビル4階

事業内容

ポイント事業におけるマーケティング及び販売業務
スマートフォン向けアプリ開発及び販売

役員

代表取締役CEO 高福 俊明
代表取締役COO 森田 啓二

HP https://www.point-market.co.jp/

 

3.GMOデジタルラボ株式会社とは?

 

GMOデジタルラボ株式会社⇒こちらから

 

GMOデジタルラボ株式会社は、販促やリピーターづくりに役立つ機能が満載した、店舗アプリ「GMOおみせアプリ」を開発&販売を行っています。

 

予約システム・スタンプカード・お得なニュース・クーポン発行など、お得な情報をタイムリーに配信することで、DMやメルマガより属性に合ったより効果的な販促に利用します。

 

スマホサイトは作成したけれど、顧客へのアプローチに今一つ悩むオーナー様が多い中、各店舗のニーズにあったサービスを配信できるのが特徴です。

 

TimeInnovation:クロノポイントが目指す、ポイント配布及び顧客データを利用した販促やリピーターづくりと重なるところがあり、ライバルともいえる企業です。

 

ですが、TimeInnovationのクロノポイントは世界初のブロックチェーンを使ったポイント発行ですので、GMOデジタルラボ株式会社と言えど無視できる存在ではないでしょう。

 

今回の業務提携でお互いの技術を駆使し、ポイント業界のトップを目指すことになります。

 

双方にとって大きな躍進になる事でしょう。

 

4.GMOおみせアプリについて

 

また行こう」を作る販促アプリとして現在およそ2,000社が活用している店舗専用集客支援型アプリケーション。

 

主に美容系や飲食店などで導入されており、ポイントシステムやプッシュ通知など様々な機能を生かし集客を行う事ができるアプリケーションとなります。
https://digitallab.jp/index.html

 

2014年9月:お店アプリ制作サービス「ビズパレットアプリ」をリリース

 

スマホ予約サービス「ビズパレットリザーブ/スマート予約」をリリース

 

ビズパレットアプリをタイ・アメリカ・マレーシア・ベトナム・フィリピンでの販売開始、海外ブランド名は「Z.com MyStoreApp」。

 

2015年11月:スマートフォン&モバイルEXPO出展。

 

2016年3月:ビズパレットアプリのサービス名称を【GMOおみせアプリ】へ変更

 

2018年7月:【国内最大級】GMOおみせアプリの制作実績数が2,000社を突破しています。

 

 

5.TimeInnovationのクロノポイント

 

今回の提携は、TimeInnovationのクロノポイント(特許申請中の世界初ブロックチェーンを駆使したポイントサービス)と、既に実用されているGMOデジタルラボ株式会社GMOおみせアプリ」が、将来ポイント業界のトップを取るために行われた提携とも言えます。

 

TimeInnovation:クロノポイントは、2019年5月・6月に大手TV局とのコラボイベントも計画されており、2019年後半に予定されているポイント発行の運びとなれば、クロノコイン保有者に大きなお知らせができるでしょう。

 

今後の展開を楽しみにしましょう。

 

クロノコインの購入方法はこちらで詳しく解説しています。

Timeinnovation,ChronoCoin.ChronoPoint

トップへ戻る